電子チケット入館券(スマホ・タブレット用)(大人1枚・カフェ特典付き)−三浦綾子記念文学館
5e8a8379e20b0450ec8d0907 5e8a8379e20b0450ec8d0907 5e8a8379e20b0450ec8d0907 5e8a8379e20b0450ec8d0907 5e8a8379e20b0450ec8d0907 5e8a8379e20b0450ec8d0907 5e8a8379e20b0450ec8d0907 5e8a8379e20b0450ec8d0907 5e8a8379e20b0450ec8d0907 5e8a8379e20b0450ec8d0907 5e8a8379e20b0450ec8d0907 5e8a8379e20b0450ec8d0907 5e8a8379e20b0450ec8d0907 5e8a8379e20b0450ec8d0907 5e8a8379e20b0450ec8d0907

電子チケット入館券(スマホ・タブレット用)(大人1枚・カフェ特典付き)−三浦綾子記念文学館

  • 開催日

    指定なし

  • 開始時間

    指定なし

¥1,100

¥594 税込

46%OFF

※こちらは電子チケットです
※別途発券手数料2%がかかります
三浦綾子記念文学館(北海道旭川市)の入館券(大人用1枚)です。 ※本券は電子チケットです。ご利用の際は、文学館本館受付で職員に、本券が表示された画面をご提示ください。 【 本券の内容 】 ・当館(分館を含む)の大人入館料(通常700円) ・分館氷点ラウンジの氷点オリジナルブレンドコーヒー(ホット)(通常400円)1杯、あるいは本館喫茶室のホットコーヒー(通常300円)1杯のご提供 【 本券の有効期限 】 ・発券後、いつでもご利用可能です。 ・有効期限は2022年3月31日です。その日までにご利用ください。 【 三浦綾子について 】 1922年4月、北海道旭川市生まれ。高等女学校卒業後、17歳から7年間小学校教師を勤めるが、太平洋戦争後、罪悪感と絶望を抱いて退職。その後、肺結核と脊椎カリエスを併発して13年間療養生活を送る。闘病中にキリスト教に出逢い、1952年に洗礼を受ける。1959年、三浦光世と結婚。1964年、朝日新聞の1000万円懸賞小説に『氷点』で入選し作家活動に入る。その後も『塩狩峠』『道ありき』『泥流地帯』『母』『銃口』など数多く小説、エッセイ等を発表した。1998年、旭川市に三浦綾子記念文学館が開館。1999年10月、逝去。 【 三浦綾子記念文学館ご利用案内 】 ※新型コロナウイルスの感染拡大防止施策により、臨時休館することがあります。当館公式サイト、公式SNS等でご確認ください。 公式サイト https://www.hyouten.com/info facebook https://www.facebook.com/hyoutenLM/ Twitter https://twitter.com/hyouten1964 LINE公式アカウント http://nav.cx/D3t8o0 開館・休館日 6月1日⇒10月31日:毎日開館 (無休) 11月1日⇒翌5月31日:月曜休館 (月曜日が祝日の場合は、翌日休館) 12月28日⇒1月5日:年末年始休館 開館時間 午前9時~午後5時 入館料金 [大人]700円、[学生]300円 ※小中高生は無料 [団体割引] 10名様以上は100円引 障害者手帳をご提示いただいた方は無料 当館賛助会員も無料 旭川大学・旭川大学短期大学部の教職員も無料 展示 常設展:(1階・通年) 企画展: 終戦75年企画展「アノ日、空ノ下デ君ハ何ヲ想フ」(4月4日から2021年3月21日日曜日まで) ミュージアムショップ・喫茶 本館・ミュージアムショップ(午前9時〜午後5時) 本館・喫茶室(午前10時〜午後4時) 野外喫茶(午前10時〜午後4時)※営業期間:4月25日〜10月12日 分館・氷点ラウンジ(午前10時〜午後4時) オンラインショップ(通信販売) 駐車場 乗用車30台 大型バス4台 インターネット回線 guest-wifi(公衆回線) 所在地およびご連絡先 〒070-8007 北海道旭川市神楽7条8丁目2番15号 電話 0166-69-2626 FAX 0166-69-2611